人妻の秘密 レビュー  氷室 薫 人妻の秘密 レビュー  氷室 薫 – 神戸 三宮【三ノ宮】のホテヘルなら【人妻の秘密】で

お客様体験談experience

2019.12.13人妻の秘密 レビュー  氷室 薫

毎月一回ここでプレイさせてもらってます。
前回は清楚で素人っぽい人妻さんでだったので、今回は思い切っリエロい奥様が良いなと思って氷室さんはどうかな?と思い初指名しました。
思っていたより小柄な人でしたが、スタイルが良くて胸も大きくて気に入りました。プレイ前に奉仕するのが好きだと言うので、ベッドインしてから奉仕してもらいました。
最初は優しく舐めて、徐々に濃厚になっていく舌使いや息遣いがエロかったです。
私の乳首を吸いながらふんわりと包むように息子を握っての手コキがすごく具合が良くて思わず腰を浮かせてしまいました。
すると彼女が耳元で「気持ちいいですか?」と聞いてきました。
「いいよ」と答えると「私も・・・」と言ってDKしてきました。
そして手コキが激しくなり、そのコントラストに思わず「ううう」と声を出す私を見て彼女も興奮を覚えたのか、ギュッと抱きついてきて脚を絡めてきました。
そんな彼女の背中に手を回して抱きしめてしばらくは激しいDKをしました。
そして破裂しそうな息子をパイズリで癒やしてくれつつのフェラ。
「ああ、たまらんわ」
私の声に反応して、首を上下左右に激しく揺らしてのフェラにたちまち射精感が刺激されて、抵抗虚しくそこで口内発射でした。
「いっぱい出ましたね」
とても嬉しそうな彼女を見てとてもいじらしく思えました。
「そしたら次は僕が」
彼女を寝かせて脚を広げさせてそこに上半身ダイブ。
キスをしてから首筋、そしておっぱいを揉みながら乳首を責めました。
それに反応して首を左右に振ってよがる彼女のダメ押し的なクンニ。
洪水状態の谷間に溺れるような感じで周囲から中心に向かってジワジワと舐め進みました。
舐めれば舐めるほど潤いを増す彼女のクレバスを容赦なく舐めてまくると、やがて絶叫するような声を上げて私にすがってきました。
そして最後に渾身の舐めで彼女を逝かす寸前まで攻め立てました。
「どう、いい?」
「ああ、ん、いいいい」
ウルウルした瞳で私を見上げる彼女。
そしてフィニッシュはそれまで舐め続けていた割れ目に息子を添わせるようにして正常位素股へ。
潤滑油が十分なので非常に滑らかなピストン運動から伝わる快感が本当に気持ちよく、会心の一発を放ってプレイ終了となりました。
いや~エロかったです。満足しました。
氷室さん、期待以上でした。